スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 * トラックバック(-) * コメント(-) *
ママに朗報♪川崎幸区で託児つきのワークショップがスタート


このブログでもリンクさせていただいているYukako*さんが、
このたび、『虹いろ。』というワークショップ企画の活動を
スタートしたそうです!

子育てや二世帯生活などもあり、自己実現への道を
歩みたいお気持ちと他の自分自身に課せられた役割や期待との
狭間で大いに悩み、そして諦めずにご自身を見つめ、
今もなお見つめ続けながら、着実に活動の場を切り開いていらっしゃいます

私は、Yukako*さんに女性ならではの美しさを感じるのです、
そして少々の人間くささもまた感じられる、作り物ではない
夢への想いが、うーんとつまった心をお持ちなのだと思います。

『虹いろ。』川崎市を活動拠点に、≪気軽に、リーズナブルに、
楽しむ♪≫
をコンセプトとして、託児付きワークショップ
開催の活動を開始。

Yukakoさんいわく、『虹いろ。』は、
”「ママ」という役割から離れた≪私≫としてワークに参加する
ことで、いろんなことを一緒に見つけて、身につけて、
今よりきれいに輝く≪私≫になる場”

だとか。

私がダラダラと書くよりも、実際に、『虹いろ。』のHPを
直接見ていただいて、ご興味のあるワークショップを
探していただいた方がよいと思いますので、
ここではURLをご紹介しておきます。

『虹いろ。』
http://nijiiro-maru.hp.infoseek.co.jp/top.htm

託児付きで、ご自身を磨きたい、お金のことについて考えたい、
趣味をつくりたい、息抜きに何かしたい、という方、
時々覗いてみてはいかがでしょう。

きっと気持ち穏やかになるワークショップと主宰者との出会いが、
次への元気をくれることでしょう。
【2006/05/19 01:30】 ママの再就職 * トラックバック(0) * コメント(1) *
過去最高の就職率


2005年度に全国ハローワークを通じて就職した障がい者が
過去最多の約3万8千人
であった、と昨日厚生労働省が
発表しました。
調査を開始してからの42年だそうです。

でも、数字だけ聞いても、それがどのくらいのもの
なのか、まだイマイチぴんとこないですよね。

求職申込者から単純計算で算出する就職率でいうと、
39.8%の就職率なんですって。
これは過去10年間で最高の就職率だそうです。

障害者の雇用の促進などに関する法律が最近改正された
事が、障がい者、企業側双方に何かしらの影響を与え
ている事は確かです。

どちらか片一方だけが力んでいる時、それは長続きしませんが、
今回は、広く一般的な就職・転職の話題として、
このニュースを受け止められた方もいらっしゃるでしょう。
私なんて・・と思って躊躇しているあなたも、一度
その世界に一歩入ってみてはいかがでしょう?

本当に出来ないことと、出来ないと思い込んでいるだけのこと、
この二つの比率が少しずつ変化していくかもしれません。
【2006/05/18 00:18】 障がい者のキャリア * トラックバック(0) * コメント(0) *
受講生からの一言に


先週3日間、就労を希望する精神障がい者向けのビジネスマナー研修
を、実施しました。

32人定員の教室ですが、受講者はとっても少人数。
ロールプレイングなどで、広々使わせていただきました。

研修2日目・・、自閉性障がいのあるAさんへ、
教材の練習問題の言葉の意味をひとつひとつ理解できるか
確認し、分からないものについて図や簡単な言葉に言い換えて
説明をしていた時のこと・・

「”事実”よくわかりません。」
「”事実”というのは・・。」
「”結論”は?」
「わかりません。ちょっと難しいです。」
「そうですね、こうこうこうで・・。」

「”コミュニケーション”は分かりますか?」


すると、

はい、”心”ですね-、”こころ”です。

と胸に手を当てて、答えてくださるのです

思わず、「そうだね、心だね!!」 と
両手を胸に当て大きくうなずいてしまいました

自分が同じように尋ねられたらどうだろう、
「人と人がうんぬんで、どうたらこうたらで・・」

なんて、難しく答えていたかもしれないな。

Aさんの明快で的を得た解釈、
受講者の方に爽快に心を揺さぶられました。

【2006/04/30 01:51】 マナー、研修 * トラックバック(0) * コメント(2) *
lll前ページ | ホーム | 次ページlll
NEXT RANDOM LIST Join us!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。