スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 * トラックバック(-) * コメント(-) *
キャリアは特別ではない


このところ新聞で、2007年問題(団塊の世代)に
合わせた特集が多く組まれていますね。

その様な中、お正月に発表された記事に、出産や育児で活動を
中断した女性研究者の復職支援事業のニュースがありました。

2006年度から文部科学省が、出産・育児で研究を中断し業績不足が
足かせになりがちな女性研究者へ、現場復帰を後押しする
事業をはじめる。
学院博士課程を修了し、出産・育児で研究を中断した女性研究者30名
を対象に、日本学術振興会の特別研究員に採用し、月額36万4000円を
3年間支給
する。
...etc.というものです。

女性のワークライフを巡る問題を少しずつ打開していくための
一つの方法(実績)として望まれる制度
です。
ただ、この新しい取り組みの対象となるのは、現在のところ、院卒女性
わずか30名。結局大変限られた人が対象になっています。

この奨励金を利用できた女性研究者がそれぞれの研究を通して、
世に新たな価値を創出していく事は喜ばしいことです。

一方で、キャリアは特別な人のものではない
普遍的で私達それぞれに必ずあるものです。
またそれは、いくら似通った道であれ、誰にもまねができない、
オリジナル
のもの。

研究者に限っても、現場の実態として結婚・出産をためらわなければ
続けられない女性研究者や、
不安と常に隣り合わせの任期付き研究員、高学歴とは無縁で研究熱心な女性の社会復帰など、
支援対象に枠を付けると簡単に漏れてしまうケースが多々あります

私は特別研究員として選ばれた女性達が、ご自身の研究成果で
力を発揮すると同時に、多様なワーキングモデルを作っていく
推進者としても、積極的に活動をしていただきたい
と思います。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
nice01
  ←お正月の胃の疲れが取れてきた頃でしょうか?
また覗いてみよう、と思っってくださった方、ポチッ。

【2006/01/09 13:50】 ママの再就職 * トラックバック(0) * コメント(0) *
4歳にとってのお仕事


先日、「くまぷう&Yayoiさん」のミニライブが開かれた為、
参加してきました。
二人組みで何をしているのかというと、くまぷうさんの歌う横で、
手話パフォーマーYayoiさんが全身でくまぷうさんの曲を
表現してくださるのです。
くまぷうさんは汗だくで熱唱、そして傍らで支えるYayoiさん、
とても素敵な表情を沢山みせて下さいました。

さて、その際、次回(1月7日)お二人がトーク&ライブ
共にするというご夫妻がみえており、前で紹介くださいました。
ご夫妻(心の達人・星屋夫妻)にははじめてお会いしたのですが、
この星屋さん(Tomsさん)のブログで、目に留まる記事が
ありましたので、紹介させていただきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

娘さんを保育園に送り届けたら、娘さんのお友達が来て、
以下のような会話を繰り広げたというのです。

Hさん「○○ちゃんパパは、今日はお仕事なんだ。」
お友達「お仕事って、たいへんなんだよ!」
娘さん「えぇ~?ちがうよぉ!お仕事は、楽しいんだよ!」
お友達「ちがうよぉー!お仕事はたいへんなんだよぉ。
    だって、だってママ言ってたもん
。」
娘さん「ちがうもん!お仕事は遊びなんだよ!だから楽しいんだよ。
    だって、○○、パパのお仕事に行ったことあるんだよぉ。」
・・・・
(詳しくはTomsさんのブログへ)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
4歳という若さ(幼さ?!)で、一人は、
仕事はたいへんである」、という固定された概念ができ上がって
いる、もう一方で、娘さんは、
仕事は楽しいものである
と思って疑わない。

Tomsさんも書いておられるように、家庭というとても身近な
安心できる人間関係の中で、こういった思い込みが当たり前に
植えつけられていく


自分なりの仕事に対するイメージを持てる頃に、見えない足かせと
なって、これらが作用してくるかもしれない
です。

Tomsさんは、最後にこう書いています

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
『ほんとはね、、、パパとママはすっごく楽しいから毎日仕事に
いってるんだよ。でも、本当のこと教えちゃうと、
学校や保育園よりも、パパとママと一緒に”仕事”に行きたぁ~い、
って思っちゃうから、みんな、本当のことを教えてくれないんだよ』
って、
これから大人になるときまでに、
おおーきな期待と希望を抱かせおいてあげたい、、、と心から思う。
                      (Tomsさん 記事)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
本当ですよね、そして、子供の為にウソをつくのではなく、
真実として、そう伝えられたら、とっても嬉しいですね♪

そしたまた・・
私の中の思い込みも見つけに行こう。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
nice01
  ←読みにきてよかったぁ、と思ってくださった方、ポチッ。
【2005/12/26 16:35】 ママの再就職 * トラックバック(1) * コメント(2) *
ワーク/ライフバランス講座(横浜) 定員あと僅か!


10月頃、当ブログでライフワークバランスのお話をした際、
ワーク/ライフコンサルタントのパク・ジョアン・スックチャさんと
佐々木かをりさんの対談内容を少しご紹介させていただきました。

さて、そのパク・ジョアン・スックチャさんが、戸塚区
ワークショップを開催する事になったんですって。
本日から申し込み受付なのですが、既に30名の定員に
20名以上の申し込みがあり、残り僅かのようです。

参加されたい方は、至急お申し込み下さい。と、
主催元の方からもメッセージ頂いております。

再就職を希望するママに限らず、仕事と私生活のバランスへの理解を
深めたい女性や、不安定な雇用形態に悩んでいる女性など、
広く自分自身を多角的に見つめたい女性を対象にしています。
(保育について・・1歳6ヶ月~未就学子供(定員あり、登録制)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ワーク/ライフバランス講座
 ~あなたにとって本当に大切なものはなんですか?~

日 時:2006年1月15日(日)13:00~16:45
対 象: ・再就職を考えている女性
    ・不安定な雇用形態に悩んでいる女性
    ・仕事のキャリアップや自身のステップアップを目指している女性
会 場:フォーラム セミナールーム
   (横浜市戸塚区上倉田町435-1 
    JR・地下鉄「戸塚」駅 下車徒歩7分)
講 師:パク・ジョアン・スックチャ氏
参加費:2,000円
主 催:男女共同参画センター横浜   
申し込み方法:電話または来館にて先着順に受付。(定員30名)
       045(862)5052
 ※詳細ならびに正確な情報は以下のURLよりご確認下さい。
 http://www.women.city.yokohama.jp/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
パク・ジョアン・スックチャ講師の講義という事で、私などは
興味魅かれるのですが、それ以外にもう一つ、”素敵だな、
当ブログでもぜひ紹介させて頂きたいな”、と思う理由がありました。
それは、この講座が、もともと横浜市男女共同参画推進協会が開催する
再就職講座を修了した有志の方々が集う会
「ルトラヴァイエ修了者の会」により、企画立案され、開催される
ということです。

互いに支えあい成長し続ける社会は、このような心の通った
1ピース1ピースが集まって出来上がっていくのでしょう。
ありがとうございます。

※当ブログを経由して上記講座をお申し込みになられた方がいらっしゃい
ましたら、ひと言メッセージを残して下さると嬉しいです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
nice01
  ←読みにきてよかったぁ、と思ってくださった方、ポチッ。
【2005/12/12 13:35】 ママの再就職 * トラックバック(0) * コメント(0) *
lll前ページ | ホーム | 次ページlll
NEXT RANDOM LIST Join us!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。