スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 * トラックバック(-) * コメント(-) *
新たなシナジー


経営環境がめまぐるしく変わる中、迅速で柔軟な対応が
出来る人材が組織には求められています。

日経新聞の経営者未来塾シリーズで、今回のテーマは
「人材の活用とは何か?」でした。

こういうテーマはうずうずします。
自分の好きな分野なので。人の可能性について、考え
ていける時間が、前を向いて光に向っている感じで
私はとても好きです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今回の提言者は金融サービス業界の執行役副社長を
されている方でした。提言内容のポイントは次のとおり。

1.想像力と挑戦し続ける能力・エネルギーを持った人材を
  時代は求めている
2.肯定的価値観、専門能力、固定観念に縛られない自由さ、
  職業倫理
も必須条件
3.社員が能力を発揮できる環境を整え、適正に報いること
  で、社員も組織も活性化する
4.人材はコストではなく資産投資し育てることで
  将来のリターンは大きくなる
  ⇒構造的課題の解決に向け、女性就業機会の拡大の
   ための配慮と支援が一体となった措置
が必要

また、有識者コメンテータ役のご意見は次のとおり。

1.規制緩和やグローバル化の流れの中で、企業を支えるのは
  人(個人)の力。優れた人材確保の重要性が増している
2.雇用の流動化が進む中、人材の同質化の追求よりは
  異質なものを取り入れ育てる環境
が求められている

          (2005年10月3日 日経新聞一部抜粋)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

組織に高付加価値を与えることの出来る人材
プロフェッショナルな人材を定義認定していく仕組みづくりを、
1年ほどかけて行った事があります。

その導入の主旨はやはり、「事業の競争優位性を左右するのは
まさに人材である
」ということにはじまり、「高付加価値を
作り出せる人材をいかに育て、確保していくか
」。
そのために、「管理職によらない、プロフェッショナルとしての道の
機会提供
とその育成」が必要となったのでした。
また、「外部の優秀なリソースを、相当の処遇で内部に呼び込む
事が出来れば」といったねらいもありました。

本記事では、また、次のような事をいっています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 若手とベテラン、男性と女性が混然一体となった時に、
 これまでにない何か、つまりシナジーが生まれてくる。

 これまでの日本の企業は人口の半分(女性)を有効利用して
 こなかった
多様性の尊重で生まれる新しいシナジーにより、
 企業の競争力はさらにたかまるのではないだろうか
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ちょっとややこしい話ですが・・・
この制度をつくった際、個々の"多様性"を一つの定性的評価
の対象とし、多様性を尊重しているつもりでした。
でも、実際に、個々の多様性が多様性として尊重され、
その価値が発揮されるのは、混然一体となった時
であることが
抜け落ちてしまっていたかもしれないな、と
この記事を読んで思いました。

多様性が生かされる機会、場を、組織として、積極的に
作っていく
ことは容易ではないかもしれませんが、
やってみれば企業に面白い良い流れが生まれてくるでしょう。

その環境作りを待ちきれない、そんな職場滅多に無い、
といってもはじまりません、
自らがその作り手になる自分のためにより良い環境を
つくってしまおう!
ではありませんか。
【2005/10/04 12:28】 こんな記事あんな記事 * トラックバック(0) * コメント(0) *
WOWOW~妊婦の特別休暇等新設


BS放送のWOWOWが、女性社員の継続的な就労をめざし、
妊婦の特別休暇を新設したそうです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

BS放送のWOWOWは出産・育児支援策を拡充。
妊娠中の特別休暇の新設や育児休業期間を延長するなど女性従業員の
継続的な就労を促す。
1990年代前半に新卒採用した女性社員が30代になり、育児支援制度を
充実させて社員が働きやすい環境を整える。
次世代育成支援対策推進法にも対応。

 2月から3月にかけて女性社員全員に聞き取り調査を実施。
「妊娠中の就業が困難だった」との声を受けて、出産前も安心して
働けるよう10日間の特別有給休暇を新設
した。
妊娠中の特別休暇制度は、次世代育成支援対策推進法と同時に施行
された改正育児・介護休業法でも定められていないという。
              (2005年9月5日 日経産業新聞より)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
通勤する女性の方で、妊娠した事のある方の多くが、欲しかった・・と
思われる制度ではないでしょうか。
私は、産休に入る妊娠後期より、悪阻の時期の方(妊娠初期)が
通勤電車が辛かったので、これは良い制度だわ、と思いました。

思い込みの制度でなく、本当に必要とされ、かつ、実際に活用できる
制度が増えていくといいですね。
【2005/09/07 09:14】 こんな記事あんな記事 * トラックバック(0) * コメント(4) *
hi-hoしごと 人材ウォッチ キャリアコンサルタント佐田さん


実務家キャリコンの会などでお世話になっているキャリア
コンサルタント佐田晃一さんのインタビュー記事です。
笑顔がステキな佐田さんは、LEC東京リーガルマインド大学で
キャリア開発学等の講師をなさったり、若年者へのキャリアコンサル
タントをなさる実力派コンサルタントです、
そんな佐田さんも今までにいくつか転機が・・(下をクリック)。

http://jobs.hi-ho.ne.jp/content/jinzaiwatch/index22.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
転職したいと思っていない時期こそ、転職について考えて欲しいと思います。
転職したいと思っていない、すなわち平常心で客観的に自分を判断できる状態で、
もし転職するならばと考えてみることをお勧めします

(hi-hoしごと 人材ウォッチより部分引用)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

人は切羽詰った時、窮地に陥った時、に、判断を迫られることが
多いけれど、なにも、そこまで待たなくても、考える自由
私達にはあります。
客観的に自分を判断することを、
日ごろからやってみましょう。
やってみた感想をチョコッと公開してもOKという方は、
ぜひコメントに書き込みして下さいね。
【2005/08/18 23:01】 こんな記事あんな記事 * トラックバック(0) * コメント(1) *
lll前ページ | ホーム | 次ページlll
NEXT RANDOM LIST Join us!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。