スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 * トラックバック(-) * コメント(-) *
周囲の「反応・声」という貴重なお土産


お久しぶりです。
障がい者雇用の促進月間となりました。

企業様との面談で、今障がい者雇用で売り手市場
なのは??
と何社かでうかがってみたところ、
あるご担当者は”軽度の知的障がい”といい、またある方は”聴覚と精神障がい者”、またある方は、”車椅子の身体障がい者”、と自論を元に
ご説明くださりました。

結局、その会社様(いや?担当者様かもしれません)の今までのご経験
や存在する職種によってだいぶ意見が異なる
ようです。

様々な人のご意見、声といえば・・・
今年7月にNHKの「首都圏ネットワーク」という番組に出させて
いただきました、
「障がい者就労支援に取り組むNPOの活動紹介」としての
取材、放映
でした。

それから2ヶ月、様々な感想やご意見、ご指摘をいただきました。

blogによく足を運んでくださっていた方から、

「テレビを観ていて多分、kotoさんやナレーターの方がお話を
 されていたかもしれませんが、
 具体的に障害者雇用についてどういった問題があって、
 それはどうすれば解決に結びつくのか、という事例
?みたいな
 ものがもっとあると理解しやすいかな?と感じました。


 「障害者」と一言で表現されるととっても漠然としたイメージ
 しか湧かず、
 具体的なニーズ、問題が見えなくなってしまうようなイメージ
 を抱きました。

 「障害者」ではなく、こういう特性?をもっている方の
 求職情報+障害者雇用のメリット?という形があると・・・。

 ごまかすということではなく、長所と短所という感じで、
 ハンディを表現できるといいのかなぁと漠然と思いました。」

 おっしゃるとおり、事例集と障がい別特性一覧は双方の
 バイブル
にもなると思います。

 またこんなコメントもいただきました

小さい子供をもつ母親が働き方を考える時、やはりある種の
 「障害」を感じます

 本当にそう思います。
 育児というのも私の考えからするとひとつの障がいの形です。
 そしてまた、障がいは個性です。

 知的障がい者等の生活支援を長年なさっている方からは、
 「24時間一緒に生活していないあなたに、なにが分かるのか!
  生活全体を知らないで就労支援などとできるものですか。
  きっと多くの支援者はテレビのあなたを見て笑っていましたよ」
 
 30歳、未熟な私になにが出来るのか・・・、連携を強化する
 事でリスクを未然に防げる体制を取れるようにする、
 人生という経験の厚みについては??
 思考・行動・聴く耳あるのみ・・
 今週末は精神障がい者の就労支援をする者たちが集まるセミナー
 で頭を冷やしてまいります

 一方で、それまで挨拶もままならなかった地元の町内会長さんや
 仕事場の駐車場で働くおじさんに、
 「この前出てたでしょ。あんな活動してたんだね、頑張ってね。
  老人会とかでそのうち一緒に出来ることあるかねぇ。応援しているよ。」
 「とてもナイーブで難しい問題なのにあなたは笑顔でいらっしゃ
  ってこちらも元気をもらったよ
。何かできることあったら
  言ってね。」
 などと大変うれしいお声をかけていただく事も。
 地域の人の温かさに触れ、エネルギーをいただきました。
 
ちょっとした言葉の使い方や相手の環境により、様々な
受け取り方ができてしまうメディア、その怖さや責任の重さを感じた
面もありましたが、
一方で、上記のような皆さんのご助言やご指摘をいただけること
大変ありがたく思います。

いつもありがとうございます。 
スポンサーサイト
【2006/09/14 01:04】 障がい者のキャリア * トラックバック(0) * コメント(3) *
<<ボランティア活動・市民活動入門講座「い・ろ・は」の開催 | ホーム | 障がい者就労支援プロジェクト「LABORI」のご案内>>
コメント
----
こんばんわ♪
kotoさんは、本当に柔らかい印象の方ですね。でも、なんとなく芯の強さを感じました。

経験や実績がない、スペシャリストでないからと言って、やろうとする事を批判する、認めない、という方が多いですね^^;
気にせず、信念に従って行きましょう!お互いに、頑張りましょうね♪
【2006/09/16 00:22】 URL | はな* #-[ 編集] |
--Re:はな*さん--
そうですね、信念にそっていけば道は開ける!D・カーネギーですね(笑)
【2006/09/17 00:29】 URL | koto #-[ 編集] |
----
こんにちは。そちらの方面は詳しくないのですが、健常者でも得意不得意ありますよね。それで適材適所が叫ばれていると・・・。
なんらかのハンディを負っていらっしゃる方は、「不得意」なほうにばかりみんなが目を向けやすいと思うんですね。でも得意なことは絶対にあるはず!
それを見つけて、つなぐのがkotoさんのなさっていることなんですね。
立場が違えばいろんな意見が出てくると思います。謙虚に受け止めていらっしゃる姿に頭が下がります。
どうぞ頑張ってください。芽は出ているんですから、きっと花が咲きますよ。
【2006/09/19 13:40】 URL | 眞凛 #-[ 編集] |
コメント トウコウ













管理者にだけ表示許可

トラックバック
トラックバックアドレス
http://lifecareer.blog19.fc2.com/tb.php/72-24d72104
| ホーム |
NEXT RANDOM LIST Join us!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。