スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 * トラックバック(-) * コメント(-) *
保育園募集スタート間近!入る?入らない?


横浜市でも12月の広報で、平成18年4月入園の保育園の
募集
案内がスタートします。
今、保育園に預けて働くかどうか、申し込みを目前に
迷っている方
が沢山いらっしゃると思います。

預けて働くか、このまま家で育児中心生活にするか、
待機児童になりそうなので、親に少し預ける程度の
仕事に納めておくか、など。

ある方がこういいます

「家にいると、子供との会話だけでメリハリなくて・・」

「働ければ、自分の為の時間が持てて幸せ、
 今は家事をしてくれるただのママ、いて当たり前、
 できて当たり前、もっと自分の存在を認めてもらいたい」

「保育園入れるかしら??」


ちょっと待ってください。
働けばハッピー?
保育園にとりあえず入れたい?

その前に、

・残業ができない事を仕事仲間に理解してもらえる
 よう説明できますか?気持ちの整理は自分で
 つけられますか?

・子供は頻繁に熱を出します、保育園から呼び出しが
 くるでしょう。度重なる呼び出しに、どのように対応
 するか、夫婦もしくは親戚などの分担、協力体制は
 整っていますか?理解を得られていますか?

・子供が具合が悪くなれば、お休みしての看病が必要です。
 今日は、プロジェクト発表会、明日は大事な会議、
 焦らず、適確な判断ができますか?

・家に帰れば、洗濯の山、保育園のお迎え後は、お夕飯
 作りに子供のお風呂、夫の夕食作りとお掃除、
 洗濯をたたんで、食器を洗い、明日の朝に備え、保育園の
 新しい服やオムツを詰め込みます。
 洗濯機をセットして、明日着ていく服のアイロンがけ・・。
 効率よく、家事をこなす事ができますか?
 そのための協力体制について、ご主人と話ができていますか?
 家事と仕事、子育ての両立、どれも今までと同じ方法で
 同じようにやろうとしたら、自分が倒れてしまいます。
 工夫をして、自分の身体を大切にできますか?

・朝、子供がグズリ気味、朝食をノロノロ食べてます。
 保育園に送り届けるため、付き合っていたら、
 就業時間に間に合わせなくなりそうです。
 「はやくはやく」、とせかしてしまいそうですか?
 そうしないために、どのようなタイムスケジュールで動けば
 良いか、生活リズムの調整を行えますか?

・ところでなぜ働きたいのですか?
 精神面ではどうですか?
 経済面ではどうですか?保育料は?見込める収入は?
 扶養範囲内ですか?扶養を抜けるのですか?


自分達の「保育に欠ける指数(入園審査の基準となる)」が
いくつになるか、は保育園に応募する方なら気になるところです。 
例えば、横浜市は確かに保育激戦区ですから、保育園に入れるか
入れないか、について、ああでもないこうでもない、と話して
いると、あっという間に時間がたってしまいます。

けれど、それだけで終わってしまっていませんか
もったいないです。
上記のような今想定出来る範囲でその後の生活や精神的負担を
予測し
、自分や家族のために、丁寧かつ慎重にそれら
と向き合い、望ましい選択をしていきましょう

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
nice01
  ←読みにきてよかったぁ、と思ってくださった方、ポチッ。
スポンサーサイト
【2005/11/23 23:09】 ママの再就職 * トラックバック(0) * コメント(9) *
<<私の中の強化月間~障がい者就労 | ホーム | 気楽に読みたいキャリアの本>>
コメント
--管理人のみ閲覧できます--
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2005/11/24 23:02】 | #[ 編集] |
--うんうん、本当に。--
こんばんは!恥ずかしい位アップアップでブログも休止に近い阿部です。ちょっと前だけど、コメントありがとう!!
kotoさんのブログは本当に勉強になるのだけど今回のは本当に頷いてしまいました。
マスコミが大げさに取り上げる「仕事も子育ても家事も完璧」みたいなのがカッコいいとされる風潮もどうかと思うし、仕事を子育てのストレスからの安易な逃避・・・になってる人って意外に多いよな、と思っていたので。

やっぱり両立ってものすごく大変だし、「子育て」だけで見たら犠牲にしているものっていっぱいあるから。。
それでも働くならもう、腹をくくって様々なセーフティーネットを用意する
のみ!(お金もすごくかかるけど)

色々な人が自分に合った生き方、働き方ができると良いですよね、本当に。

ちなみにonly1、ずいぶん前から入っています。全く活用して無いけど。。
【2005/11/27 01:04】 URL | abe #-[ 編集] |
--おんな であることで--
kotoちゃんが列挙していたいろいろな「ちょっと待て」、この内容は確かに…っていうことがいっぱい。
だけど本当は一番に変えなきゃいけないのは、こういう「ちょっと待て」で悩むのが「おんな(母親・妻)」だけであるという状況だと思う。
そしてこれは悲しいかな、個人的な家庭内の運動だけでは解決しないのね…。

「わたしだって思う存分結婚前(あるいは出産前)のように仕事をしたい!」っていう思いがあって、じゃあ夫に「いろいろ分担してね」って言っても、今の日本の雇用制度の中で酷使されて帰宅する「わたしの愛する夫」を「わたしの(仕事したいっていう)エゴ」のためにさらに家庭でまでこき使うの?!ってことになる。
わたしの気持ちは本当にエゴなのか。ということはこういう愛情のなかで不問に付されて、結果、今の雇用制度を根底から支える「おんながウチで夫の生産力を再生産する」っていう形態が持続していくのよね。
(あるいは共稼ぎになると、おんなは負担を2倍以上抱えることになるし。)
愛情が、企業に、政府に黙々と利用されていく。現状維持という目的で…。

といいつつも、母乳を飲ませられるのはわたしだけ。
っていう、「わたしがおんなであること」の厳然たる事実も見逃せない。
いつかわたしの夫が言いました。
「男にも、妻が出産したら肩とかにぽこって栄養のかたまりみたいなのが出来て、子どもに与えられたらいいのにな。」
そうすれば男親も育児の身体的な喜びを共有できるし、肩にできれば他人から見ても「あの人育児中なんだ★」って見てもらえる(笑)。残業とか断りやすいし。

長々とごめんなさい!
【2005/11/27 15:23】 URL | jiejie #t62SOUF2[ 編集] |
--Re:うんうん、本当に。--
阿部さん、こんばんは。
>腹をくくって様々なセーフティーネットを
>用意するのみ!(お金もすごくかかるけど)
ある共働きの方が、時間をお金で買う生活、
と言っていましたが、危機管理対策としての
支出も馬鹿にならないですね。
それから、信頼できる人間関係が
とても貴重だと気づかされるケースも。
【2005/11/28 22:48】 URL | koto #-[ 編集] |
--Re:おんな であることで--
当方の拙いブログから、貴重な視点でのコメントありがとうございます!
>「おんながウチで夫の生産力を再生産する」
個人的には、互いに再生産したいですね。社会全体というのは、個々にそう思う人が取り組むだけでは、
変えられないのか・・。

エゴなのか?それはその人の態度によるのではないでしょうか?
男である、女である、という以前の人としての
欲求と考えてはいけないのかしら?
社会学的には男・女が先でしたっけ?

労働力により、数字上、日本の生産力が上がっても、
心の豊かさ、人間力を高められないのであれば、
豊かになったとはいえないですね。


【2005/11/28 23:05】 URL | koto #pmMMByOA[ 編集] |
--うーん、納得!--
働く母を妻に持つ、キャリアコンサルタント(人材紹介会社役員)です。ブログランキングから来ました。思わず読みふけっちゃいました。あ、しかも横浜市在住です(最近港南区から磯子区へ引っ越しましたが)。

>「おんながウチで夫の生産力を再生産する」
個人的には、互いに再生産したいですね。社会全体というのは、個々にそう思う人が取り組むだけでは、
変えられないのか・・。

最後のコメント、特にぐっときました。オトコがウチで、妻の労働力を再生産しているかどうか、若干自信はありませんが、少なくとも、個々にそう思う人が取り組まないと、社会は変わらないんでしょうね。その取り組みを、僕はビジネスの形でできないかと日々思案中ではありますが、事業として成り立つイメージが、まだ…。
 僕は、女性がぜったい働くべきとか思ってるわけじゃないんですが、働きたいのに働けない、そういう選択肢の少なさを女性だけが担保する世の中ってなあいやだなあと思っているだけです。僕も、結婚→出産(逆だ)という流れの中、妻にやりたいことをいくつか諦めさせたのではないか、という後ろめたさがまだあります(最近、やっぱり妻は好き勝手生きているほうかなとも思ってますけど)。
 なんとか、したいですねえ。
【2005/11/28 23:49】 URL | kaoruyoshida #-[ 編集] |
--何回も頷いてしまいました--
KOTOさんのBlog読んでいて本当に何回も頷いてしまいました。
現在病気を沢山もらってきて仕事を休み気味。職場の理解はあるほうなのですが、やはり社会人としての責任もあり、公然とは休めません。
お互いの両親も遠方の私達夫婦。共働きの道はちょっと甘すぎたかなとおもっています。病気時の保育は病気時あづかり保育やベビーシッタさんもいるとおもうのですが、病気のときだから一番子供が安心できるママが最高なのではないでしょうか?制度は色々あっても、1歳のママ大好きな子供が、病気で最もママを必要としているときに一緒に居られないとは子供も病気で必死にたたかってるのに、ママの意義さえ失ってしまいそうです。

共働きってむづかしいですね。
身近な人の協力が絶対ですが、夫婦と子供がどう精神的に強くなっていくかも課題です。

PS 我が家は隣人に助けられ、保育園のお迎え、2次保育をして頂いてもらっています。本当に助かっています。
【2005/11/29 22:12】 URL | ムツミ #f9PFn0n6[ 編集] |
--yoshidaさんはじめまして--
>僕はビジネスの形でできないかと日々思案中ではありますが、
>事業として成り立つイメージが、まだ…。

帰ってきたキャリアコンサルyoshidaさん、お帰りなさい(笑)
いや、はじめまして!
どうにか世の中を変えていきたい、という思いと、
実際にそれを事業として成り立たせる事の間には、
やはり大きな山と言うか、ステークホルダーなどの視点、課題があり、
一筋縄にはいかないのでしょうね。
でも、yoshidaさんのブログ拝見させていただき、
そのうち何かやってくれそうなお方、
と思いました。
今後も時々覗かせていただきます。


【2005/11/30 10:31】 URL | koto #pmMMByOA[ 編集] |
--Re:何回も頷いてしまいました--
ムツミサン、慣れない保育園と会社の往復お疲れ様です。
ムツミさんのお人柄が、隣人の方の協力に繋がった!力になってくれて嬉しいですね。
プライベートな話題で恐縮ですが、我が家も今日は慣らし保育です。
(ママ、こんな事してないで早く仕事に戻りなさい。はい。)
【2005/11/30 10:39】 URL | koto #-[ 編集] |
コメント トウコウ













管理者にだけ表示許可

トラックバック
トラックバックアドレス
http://lifecareer.blog19.fc2.com/tb.php/53-0590a190
| ホーム |
NEXT RANDOM LIST Join us!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。