スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 * トラックバック(-) * コメント(-) *
障がいのためにあきらめてしまったこと


平成15年に東京都が障害者を対象に調査した障害者の生活実態調査結果で
「障害のためにあきらめたり妥協したことについて」、の結果は次のとおり。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「障害のためにあきらめたり妥協したことは?」

<選択項目>
 進学・就職・異性との付き合い・結婚・出産育児・人付き合い
 近距離外出・旅行や遠距離外出・ファッションなどおしゃれ
 スポーツ文化活動・その他・特にない

◆障害種類別(複数回答)
 知的障害では、「就職」が32.8 %で最も多い
 
 聴覚障害では、「人付き合い」が26.1%で最も多い
 その他の身体障害(視覚・平衡機能・肢体・内部など)では、
 「旅行や遠距離の外出」がいずれも40%を越え最も多い
 総数からみると、「外出」、「スポーツ文化活動」、「人付き合い」、「就職」の
 順で回答が多く
、 「就職」については
15~20%が妥協したと回答

 精神障害では、「就職」が42.3%で最も多い

この統計結果からすると、「就職をあきらめた」方の割合が全体的に
高い
ことがわかります。
身体障害では、遠・近距離外出や人付き合いをあきらめる事=就職も
あきらめるといったケースが多くなる
と思われます。
但し、この統計結果、身体障害者についてはもともと高齢者が多いため、
身体障害の回答者の7割が60歳以上なのです。

そこで、視点を変え、障害を受けた時期別に、上記と同じ質問に回答した
結果をみてみました。

◆身体障害を受けた時期別
出生前または出生時からの障害では、「就職」が36.5%で最も多い
0歳~3歳からの障害では、「就職」「旅行や遠距離の外出」がそれぞれ29.0%で
最も多い
4歳~12歳、13~17歳からの障害では、「旅行や遠距離の外出」最も多い
ついで「「就職」の割合が多い
18歳~39歳からの障害では、「旅行や遠距離の外出」「スポーツ・文化活動」
「就職」の順で回答数が多い。
40歳~64歳での障害では、「旅行や遠距離の外出」が43.7%、「スポーツ・文化活動」が
22.8%と高い割合を占め、「就職」に対して、あきらめたと回答した割合は、
12.4%と少なくなっている

切り口を変えたら、傾向が見えてきました。
先天的なもの等、障害の程度に違いがあるのも事実です、
それ以外の理由として、生まれつきの障害と中途障害では、本人や
家族の価値観や考え方の基本が、異なる
ことが考えられます。

働きたいけど働けない。
働けると思わないから働かない(心の奥では・・・もしできるなら本当は
働いてみたいけど・・無理だし)。
働くってこと考えたこともない。

そんな方々に、まずは働くことを身近に感じてもらえるきっかけ作りを
していこう
、というのが現在、そしてこれからの私の
お仕事の一つ。

これを読んでくださったあなた、「こんなことしてはどうだろう?
こんな機会があったらいいな!」というご意見やヒントありましたら、
ぜひお聞かせください!
スポンサーサイト
【2005/10/02 23:00】 障がい者のキャリア * トラックバック(0) * コメント(1) *
<<新たなシナジー | ホーム | 若者の人間力を高めるための国民運動 イベントスタッフ等募集>>
コメント
--きっかけ作り!--
自分の関わった仕事について、誰かが喜んでくれた!と感じられるような体験があるといいですね!

いま、kotoさんやまわりの方がやっていらっしゃるお仕事の中で、なにか障害のある方が試しにお手伝いできる仕事ってないですか?

たとえば、なにかExcelの表を作って管理する、とか・・・って全然例になってない(汗

とりあえず、「同じ目的に向かって頑張る」のが仕事かなってちょっと思っているので、kotoさんたちとご一緒に頑張れる機会があればいいなって思いました。
ちょっと的はずしてたらすいません。
【2005/10/03 21:07】 URL | ゆりっぺ #SFo5/nok[ 編集] |
コメント トウコウ













管理者にだけ表示許可

トラックバック
トラックバックアドレス
http://lifecareer.blog19.fc2.com/tb.php/35-7f30f77b
| ホーム |
NEXT RANDOM LIST Join us!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。