スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 * トラックバック(-) * コメント(-) *
若者の人間力を高めるための国民運動 イベントスタッフ等募集


若者の人間力を高めるための国民運動」という言葉をきいた
ことはありますか?
その指針となる国民宣言が2005年9月15日に公表されました。

これによると、
「社会の中で人と交流、協力し、自立した一人の人間として
 力強く生きるための総合的な力である人間力は、家庭、
 学校、職場、地域社会といった場を通じ形づくられるもの」

しかし、
 「我が国の社会が大きく転換している今、若者を巡る
  様々な問題が、それぞれの場で生じている」

これらの問題解決には、
「若者自らの自覚と努力も求められる」
が、それと同時に、
「若者が生きる自信を持ち、能力を高め、いきいきと活躍できる
 社会を目指し、経済界、労働界、教育界、マスメディア、地域
 社会、政府が一体となって、若者の人間力を高める国民運動を
 推進する」

とし、そのための4つの宣言をしています。

宣言に盛り込まれている主なキーワードは次のとおり。
 ・人生を考える力/コミュニケーション能力
 ・チャンス
 ・働きながら学ぶことのできる様々な仕組み
 ・再挑戦


宣言や基本方針の明確化は、このような大きな取り組みをする際
大事ではあります。
けれど、これらを各施策に落とし込んだ際、従来の就労支援や
職業教育と異なるのだ、という事を具体的に皆が感じ取れる
ようになるには、かなりのマンパワーが必要
ではないか
と思います。
人間力って機械でどうにかなるものではないので。

国民運動、という言葉のイメージが自分の中にあり、私自身は
若干、これを飲み込むまでに時間を要しましたが(笑)。

この運動に伴い、本運動事務局では、特派員やイベントボランティア、
大人ボランティアを募集
しています。

また、若者等を対象にその意識喚起や自立の促進に向け実施する
イベントのアイディアと、そのアイディアを実行する主体となる
民間団体等も募集
しているようです。

締切り詳細その他の正確な情報は、「若者の人間力を高めるため
の国民運動プレサイト」
でご確認下さいね。

何も特別な事をしないと運動にならないわけではありません、
若者に限らず私達人間は、社会、日常生活で多くを学び感じます
私達は、傍観者ではない=この趣旨に賛同出来る
部分があれば、ご自身が生活する場所、家庭や地域社会や職場を
通して、何をすればよいか考え、実践することができます。
それが輪となり、車輪となり、大きな変化が生まれ
る一番の方法と思います。

それにしても、「社会に出る前の若者が生きる自信と力を
つける」、と国が音頭をとって取り組まなければならない
のは、少しさびしいです。
核家族化が進む前は、当たり前に育てられていた力だったの
ではないかしら・・と。そうでもないのかしら?
スポンサーサイト
【2005/09/30 12:22】 キャリア支援~一般 * トラックバック(0) * コメント(0) *
<<障がいのためにあきらめてしまったこと | ホーム | キャリアからのドロップアウト?!(AERAの特集より)>>
コメント
コメント トウコウ













管理者にだけ表示許可

トラックバック
トラックバックアドレス
http://lifecareer.blog19.fc2.com/tb.php/34-6baa2376
| ホーム |
NEXT RANDOM LIST Join us!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。