スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 * トラックバック(-) * コメント(-) *
衆院選 雇用・子育て


衆議院総選挙を前に、各政党のマニフェスト(選挙前の選挙公約)
が出揃いました。
郵政民営化は別として、テレビ等で何となく見ているだけ
では、他のテーマにおける政党別の取り組み姿勢が、
分かりにくいかもしれません。
Yahoo!Japanにマニフェストを分かりやすくまとめて下さって
いるページがありました。

政党マニフェスト比較」(Yahoo!JAPAN内)

ここで、雇用・就労子育て・教育のテーマを覗いてみると、
各党が、現状を認識し、何かやっていかなければ、と、
対策案を打ち出していることが分かります。

私はここで、その詳細について触れる事はしませんが、
本日(9月1日)の日経新聞では、
「熱意欠くニート対策」「既定路線 大きく踏み出せず」
といった見出しが目に入ってきます。
フリータ・ニート問題は重要な衆院選争点でありながらも、
各党の対策案は、今までの延長上のような既定路線が中心
なっており、
各党、若者の能力を最大限に引き出す事への熱意が乏しい、
といった内容が記されています。

今、はやりのようにニート、ニート、と世の中で言われていることに、
私は、少々違和感を感じている面もあるのですが、
それでも、64万人の個が生き生きと動き出すよう、
国から、地方自治体、民間組織、個を巻き込んだ大きな変革が
必要な時と思います。
子育て問題についても、しかりです。

最近保育園見学がイベント化しているkotoは、
このマニフェストと厚生労働省のWebに公開された、
平成17年度政策実績評価書-子育て関連の目標と評価」を読み、
実態は急速に変化し、目標自体が陳腐化していく事もある
のよね (現状に照らせば、結局目標値自体が低くなって
しまっている)、と改めて思うのでした。

スポンサーサイト
【2005/09/01 15:51】 キャリア支援~一般 * トラックバック(1) * コメント(0) *
<<子育てサポートシステム(横浜) | ホーム | 障害者雇用支援月間>>
コメント
コメント トウコウ













管理者にだけ表示許可

トラックバック
トラックバックアドレス
http://lifecareer.blog19.fc2.com/tb.php/17-be1a49c4
民主党マニフェストの感想 その3
第三弾は子育ての分野です。その1でも書いたが、私のマニフェストの見方は次の2点。1.いつまでに、何を、どうするか、が簡潔に書いてあること2.有権者が進捗状況を確認できないような抽象的な表現は公約とみなさないこの視点でマニフェストを見ると、民主党の The GLPC【2005/09/01 16:48】
| ホーム |
NEXT RANDOM LIST Join us!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。