スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 * トラックバック(-) * コメント(-) *
若者の人間力を高めるための国民運動 イベントスタッフ等募集


若者の人間力を高めるための国民運動」という言葉をきいた
ことはありますか?
その指針となる国民宣言が2005年9月15日に公表されました。

これによると、
「社会の中で人と交流、協力し、自立した一人の人間として
 力強く生きるための総合的な力である人間力は、家庭、
 学校、職場、地域社会といった場を通じ形づくられるもの」

しかし、
 「我が国の社会が大きく転換している今、若者を巡る
  様々な問題が、それぞれの場で生じている」

これらの問題解決には、
「若者自らの自覚と努力も求められる」
が、それと同時に、
「若者が生きる自信を持ち、能力を高め、いきいきと活躍できる
 社会を目指し、経済界、労働界、教育界、マスメディア、地域
 社会、政府が一体となって、若者の人間力を高める国民運動を
 推進する」

とし、そのための4つの宣言をしています。

宣言に盛り込まれている主なキーワードは次のとおり。
 ・人生を考える力/コミュニケーション能力
 ・チャンス
 ・働きながら学ぶことのできる様々な仕組み
 ・再挑戦


宣言や基本方針の明確化は、このような大きな取り組みをする際
大事ではあります。
けれど、これらを各施策に落とし込んだ際、従来の就労支援や
職業教育と異なるのだ、という事を具体的に皆が感じ取れる
ようになるには、かなりのマンパワーが必要
ではないか
と思います。
人間力って機械でどうにかなるものではないので。

国民運動、という言葉のイメージが自分の中にあり、私自身は
若干、これを飲み込むまでに時間を要しましたが(笑)。

この運動に伴い、本運動事務局では、特派員やイベントボランティア、
大人ボランティアを募集
しています。

また、若者等を対象にその意識喚起や自立の促進に向け実施する
イベントのアイディアと、そのアイディアを実行する主体となる
民間団体等も募集
しているようです。

締切り詳細その他の正確な情報は、「若者の人間力を高めるため
の国民運動プレサイト」
でご確認下さいね。

何も特別な事をしないと運動にならないわけではありません、
若者に限らず私達人間は、社会、日常生活で多くを学び感じます
私達は、傍観者ではない=この趣旨に賛同出来る
部分があれば、ご自身が生活する場所、家庭や地域社会や職場を
通して、何をすればよいか考え、実践することができます。
それが輪となり、車輪となり、大きな変化が生まれ
る一番の方法と思います。

それにしても、「社会に出る前の若者が生きる自信と力を
つける」、と国が音頭をとって取り組まなければならない
のは、少しさびしいです。
核家族化が進む前は、当たり前に育てられていた力だったの
ではないかしら・・と。そうでもないのかしら?
スポンサーサイト
【2005/09/30 12:22】 キャリア支援~一般 * トラックバック(0) * コメント(0) *
キャリアからのドロップアウト?!(AERAの特集より)


昨日、本業とは別で、託児付サロンを開かれている
プチサロン@港北ニュータウンのアベさんとお会いしました。

ママ達に、「子供を産んだからあれもこれも出来なくなった」では
なく、「子供を産んだらどんどん世界が広がった!!」
となれるような、新しい出会いを提供していきたい
、と
月に何回か、ご自宅でシッターさん付のプチサロンを開いて
いらっしゃいます。

また、参加者の皆さんが仲良くなれるように、ヨガ
ブリザーブドフラワーのお教室の後に、
ざっくばらんな交流の時間を取れるよう
スケジュールを組んでくださっています。
先生もシッターさんもプロな上、サロン中に子どもが遊ぶ道具
などに受講料の一部を当て、快適な時間が過ごせるよう配慮
くださっています。ご本人は、好きだから、やりたいからやっている、
といったご様子。

ヨガの前にランチをさせていただき、今まで経験してきた事や
今やろうとしている事、その他ざっくばらんなお話をして、
とても楽しい時間を過ごしました。話が自然と弾んで、
働きたいママにこんなことしたい!こう思えるように元気を
あげたい!といったお話もかがうことができ、
そうよねー、そうなのよー、とワクワクしました。

さて、そんな会話の中で、今週のAERA「20代で出産しよう」
という特集が組まれていると教えていただき、購入しました。
表紙を見た際、”20代出産が賢い選択”と書いてあり、
言い切ってしまうのはどうかなぁ・・、と思ったのですが、
読んでみて、少し安心しました。
20代で出産すべきである!と、年齢で単に区切って
言い切っている記事ではなかった
ことです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・仕事もままならない若いうちに出産すれば、キャリアから
 ドロップアウトしてしまうと強迫観念
を抱く事などから、
 晩産となる傾向があるが、
 体力やトータルな経済面や自分のキャリア、夫の協力
 体制の限界(職責・ポジション上の難しさ)など色々なことを
 勘案すると、20代で産むメリットがある。

・そして”産み時”は時間軸だけでみて、先延ばしにしていても
 計画的にいくものではない

 重要なのは、人生のそれぞれの価値観。あれもこれもと
 条件が揃うのを待つ(待ち続ける、という意味に近い)のでは
 なく、自分の人生の中で優先順位を決め、判断すること
 場合によっては、状況に腹をくくる覚悟も必要。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今週のAERAは、偶然にもキャリアカフェとしておさえて
おきたい特集が他に2点ありました
 1.育児休暇取得率高い企業が女子採用絞る現実
 2.教師とニート対策で選ぶ中高一貫校


1は前出の内容の後半の特集ですが、公表されている
取得率の落とし穴について、書かれていて私自身落とし穴に
はまっていたことに気付きました。

では、今日はこの辺で・・横浜もだいぶ秋らしく肌寒く
なって参りました、皆さん体調管理にお気をつけて。
【2005/09/28 23:14】 ママの再就職 * トラックバック(1) * コメント(4) *
一緒に仕事をするなら


仕事を一緒にする相手というのは、
選べる時は選んだ方がいいです。

とてもいいお話を持ちかけてくださっていても、
どうにも波長が合わない場合があります。

人によると思いますが、
・人の話を聴かない
・言っている事に根拠がないのに、弾丸のように
 永遠と話が続く
・意見がない、同意も反論もなく、反応が少ない

などなど。
歩み寄りたくても歩み寄れない、なんともむずがゆい時
ありませんか?ペースが何か違う、考えのベースが何か違うetc

志が一緒であれば、乗り越えられることもあるかと思いますが、
人にも”私にとってしっくりくる人、しっくりしない人”が
いて当たり前、
だって、日本だけでも数千万人の人が仕事をしているのです。
一人一人性格も違うのですから。

相手の志す方向性、やり方が自分と異なっていて違和感がある
と気付いたら、確認をした上で、素直に、
”異なる方向でそれぞれが活躍していく事が望ましいと思う”、
としてしまっていいのではないでしょうか。
それには、自分自身がどのようなスタンスでどのような方向性
のお仕事を今しているのか、理解しておくことが必要です。

無理をしすぎる事ないです。

でも、パートナーや上司を選べない事は、
もっともっとよくある事です。
この場合、グチグチ言っていても何もよくなりません。
視点を変えてみて下さい。たいした事ではなくなるかも
しれません。自分の中で、うまくプラス処理してしまいましょう。

人の話を聴かないで、長々としゃべり続ける上司、には、
”フンフン”とうなずきながら、相手が満足するまでしゃべって
もらう事が、一つの打開策らしいです。
先日の日経新聞にそんな記事がありました。
相手が疲れた頃に、「ところで、」と切り出すわけです。

相手が弾丸のようにしゃべっている途中で、さえぎって話そうと
すると、相手はまた、ヒートアップしてしまうんですって。
総合計時間だと前者の方が、短くてすむようです。
なるほど、気を長く持て ですね。

ペースといえば、
引越しのどたばたが終わらず、まだ生活のペースがつかめていません、
ペースって大事なんだな、と、引越しという実にプライベート
なイベントで、気付かされました。

そう、家の中での動線がまだつかめておらず、
無駄が多いようです。

新しい仕事を始めたばかりの時と少し似ている
感覚です。

無理無駄をなくして、これからもkotoペースで元気に
やっていきます。
【2005/09/26 20:12】 キャリア支援~一般 * トラックバック(0) * コメント(0) *
十人十味:ママは大学講師!ショップの経営者!(後半)


キャリアプランニングをした後は、日々、
キャリアクッキングしましょう!

十人十味シリーズ 2人目♪後半です。
自分オリジナルのお料理の参考にして下さい

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(後半)前半は9月23日の日記

そんなYさんも、大学の講師のお話が来た際は、悩まれたそうです。
「育児中に脳味噌が鈍っていきそうな強迫観念に襲われるのは
誰でもあるのだろうと思う。」
とご自身の経験からお話されていました。

「でも、お世話になっている方に「あなたがゆっくりとやわらかく
理解してきたこと、理解しつつあることを年若い人たちに教えて
あげることができればいいのではないか
」と言われて、
自分が人生のなかのどういう段階にあるのか、そういう経験も含めて
人間、ってことなのかな
、と思い、引き受けました。
ロボットでなく、人間が教える、ということ、という感じかな。」
と。

店舗に子連れのお客様がいらした時は、玩具を貸し出し、ゆっくりと
お店の中を見てもらえるよう配慮されているのも、
そんな彼女(&妹さん)の心のあり方のあらわれでしょう。

講義準備だけでも、勉強に費やす時間を確保するのは大変では
ないかと思うのですが、
なぜ中国語の勉強をしていらっしゃるのでしょう?

大学時代から社会学を専攻していた彼女は、ゼミの研究を通して
知り合った台湾の方々と仲良くなり、今でも時々、娘さんを連れて、
台湾に遊びに行っています。

Yさんにとって、そこは、とても大切な、海の向こうの家族なのかも
しれません。

彼女は言います。
「友だちと会って話すと、やっぱり言いたいことの半分も言えない。
 感情などの語彙が少ないのね。。。」

「通訳試験を目指し、とても頑張っている友人や、台湾の添乗員を
している友達に触発されて・・私が通訳試験を受けたのも、
なにかの素敵なめぐり合わせかもしれません。
 誰かに後押しされなかったら、きっと受けてなかったと思う、
これって偶キャリの一つですよね。
 一度ダメでも続けてチャレンジしようという気持ちになれます!!」

彼女のキャリアクッキングは、好きで楽しいから続く
そしてそこには、
人の出会いがいつもあるように思います。


☆自分の価値観を大切に
人との出会いが、料理のレパートリーを広げる
【2005/09/24 08:38】 キャリアクッキング * トラックバック(0) * コメント(0) *
二子玉川のセレクトショップ CUCIRINA!


二子玉川にある、姉妹で営むセレクトショップ CUCIRINA!。
毎月、素敵なイベントを企画し、時には一般参加型の展示を
開くなど、地元の皆様にも親しまれている店舗です。

姉妹のデザイン・制作による手作りのバッグやポーチ、アクセサリー、
髪飾り、キッチン雑貨などの販売からはじまったJIEMEIブランドは、
主に古い着物や洋服の布や、古いボタンなどのレトロな素材を用いて、
手作業で作られた一点ものの商品。

そのほか海外や日本の作家さん、アーティストさんによる
商品の販売、既製雑貨の販売等を行っていて、おしゃれをお手ごろに
コーディネート出来るお店です。

優しく穏やかな時が流れているCUCIRINA! お勧めです。

【セレクトショップ CUCIRINA!】
ハンドメイドブランド JIEMEI が展開するアトリエ兼
セレクトショップ

URL:http://www.jiemei.org/

住所: 東京都世田谷区玉川4-8-3

地図:http://www.jiemei.org/access.html

交通:東急田園都市線 二子玉川駅 より徒歩約8分
    お車の場合 環状8号線瀬田交差点そば
          高島屋Gアイランド方向に側道を下り、 1~2分ほど。

    ・専用の駐車場はありません。(近くにタイムズのコインPあり。)

定休日:CUCIRINA!のホームページで要確認

今後の予定(イベント):
 9月 私たちのアンティーク
10月 絵本のように
    生活 せいかつ
11月 デザインフェスタ出店(26~27日)
【2005/09/23 00:37】 カフェで一息【ブルーベリータルト】 * トラックバック(1) * コメント(1) *
十人十味:ママは大学講師!ショップの経営者!(前半)


キャリアプランニングをした後は、日々、
キャリアクッキングしましょう!


十人十味シリーズ 2人目♪です。
自分オリジナルのお料理の参考にして下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
現在28歳のYさんは、横浜に住む2歳半の子を持つママです。
週に1回、大学で社会学の非常勤講師を務めています。
そして、週に1~2回、二子玉川(東京)の閑静な住宅街にある、
かわいらしいこじんまりした店舗に足を運び、
ディスプレイに手を加えたり、お客様とお話したり、イベントの
打ち合わせ
をしたりしています。

このお店は、2005年5月から妹さんと経営しているアトリエを兼ねた
セレクトショップ
(※最下段参照)です。

店舗に足を運ばない日も、自宅でショップのWebサイトのメンテナンス
をします。元々、2年前に妹さんが温故知新をテーマに手作りする雑貨を
販売しよう、と姉妹で一念発起。そのWeb shopを作ったのがYさんでした。

そんなYさんは、今、中国語の通訳試験合格という新たな目標に向かって
勉強をしているそうです。

子持ちで、大学で教鞭をとり、雑貨屋さんを姉妹で開業し、語学の
勉強にも精を出している女性


朝から子どもを保育園に預け、バリバリシャキシャキ活動している姿を
想像された方も、いらっしゃるでしょう。

いいえ、Yさんのお子さんは、保育園に通っていません

この年齢のお子さんは、自我の芽生えで自己主張の激しい時期、
彼女の娘さんも例外ではないようでかわいいと同時に手もかかります、

講義をする時などはお母様にみて頂いているものの、
『一緒にいれる時間があれば、出来るだけいてあげたい、
 成長を自分の目でしっかりと見守り、一緒に遊び育てたい、
 その中で自分自身も成長したい』
これが彼女にとって大切な価値観でした。

Yさんはもともと温和な性格、ちょっと前にはやるように出て
きた”年収××万円起業”、”加速成功”等といった言葉が、
どちらかというと不似合いな女性です。
(といったら、Yさんに怒られちゃうかな?)

仕事と育児と勉強を両立していてすごいね、と周囲が言うと、
「育児はまぁやっているけれど、他は好きなことだけしている
怠け者です」とYさんは答えます。

後半へ続く)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【セレクトショップ CUCIRINA!】
ハンドメイドブランド JIEMEI が展開するアトリエ兼セレクトショップ
URL:http://www.jiemei.org/
住所: 東京都世田谷区玉川4-8-3
    ★詳細はkotoの「カフェで一息ブルーベリータルトコーナー」へ。

交通:東急田園都市線 二子玉川駅 より徒歩約8分
   お車の場合 環状8号線瀬田交差点そば
    高島屋Gアイランド方向に側道を下り、1~2分ほど。

定休日:CUCIRINA!のホームページで要確認
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【2005/09/22 23:30】 キャリアクッキング * トラックバック(0) * コメント(0) *
お知らせ(キャリアカフェ横浜)


こんにちは、来て下さりありがとうございます!
現在、自宅引っ越し中のため、15日よりブログの更新を
お休みさせていただいております。
ご連絡遅くなり失礼しました。
ネット環境が整い次第(予定21日)、再開いたしますので、
また遊びにいらして下さい。
コメント、足跡は常時受付けています。
では今日は中秋の名月、こんな夜はうさぎを見上げて
のんびりとお過ごし下さい。

kotoはダンボールとたわむれています。
【2005/09/18 10:48】 未分類 * トラックバック(0) * コメント(4) *
NHK「中途障害者 職場復帰への道のり」をみて No.2


(後半)前半は9月13日の日記
--------------------
昨日の日記で、

突然、視覚障害者となった彼は、
「健常者を100としたら50かもしれないが、自分は、経済的な
 ものだけでなく、社会参画したい
という思いがあった。」
「復職できるかも、という喜びがあった。」
と話している、
この気持ちは、人として誰もが心に持っている当然の欲求だったの
かもしれません。

とお話しました。

とはいっても、”周辺部分を利用してぼんやりしたモノを読みとる、
それを仕事で日常的に行う”、なんて、簡単ではありません。
そこで彼は、自分の能力開発に取り組んだのです。

読み書きが出来るよう、入院してリハビリ。
更に、その後、大阪で半年間泊り込みで訓練。
 『生活訓練』(点字や歩行訓練など)だけでなく、
再度働けるようになる為の
 『職業訓練』=本人の障がいに合わせたパソコン、補助機器の
使い方研修などを行う。

その後、職場復帰を申請し、現在、復帰して2年、今では、
約款などを作る仕事を行い、昼休みも他の仲間とランチを楽しむ生活を
していました。

半年間泊り込みで?!軽い気持ちでは到底出来そうにないですね。
自らの可能性を信じ、自分を大切にしている
自己研鑽、能力開発は自分を裏切らない、そんな事を、
彼の事例が教えてくれます。

この企業は障がい者を初めて受け入れたそうです、彼が復帰を希望した時、
「出来ないという思い込み」
「事故への心配、事業者責任」
から、
すんなり受入れとはならなかった
ようです。

でも、視点を変えれば、本人の障がいに関連する部分さえ何かしらで
代替できれば、企業にとっても、戦力を維持できることになるのです、
場合によっては、逆境を乗り越えた強さにより、本人のエンプロイ
アビリティは、より高まっている
かもしれません。

皆さんは、相談機関助成金制度障がい者雇用継続助成金)、
ジョブコーチなどの存在をご存知ですか。
聴いた事はある、という方も多くいらっしゃるかもしれません。
では、これらの機関や制度の活用について、働きたいと思う企業に
働きかけを
したことがありますか?

もしも、ある会社で働きたいが、設備が整っていないので無理、と
いわれた場合でも、一度これらの制度について、ご自身で
担当者や役員に説明して見てください。

食わず嫌いの企業様が、思わぬ動きを見せるかもしれません。

【2005/09/14 06:48】 障がい者のキャリア * トラックバック(0) * コメント(3) *
NHK「中途障害者 職場復帰への道のり」をみてNo.1


NHKの福祉ネットワーク「働く」シリーズで、
中途障害者 職場復帰への道のり」が昨日、
放送されました。

突然の出来事で、今まで当たり前だったことが、当たり前でない現実
を突きつけられた一人の視覚障害者が、職場復帰していくまでの
道のり、受け入れ側の心境、などをまとめたものでした。

中途障がい者が、職場復帰を果たす為に必要となるポイントとして、
以下の3つをあげていました。
 ・本人が障がいを受け止め、出来ることに目を向ける
 ・医師は障がい者へ宣告ではなく継続のメッセージを送る
 ・職業リハビリテーションの充実をはかる


また、番組を見て、
 ・もしも障がいを負い仕事の継続が困難となった時も、すぐに
  退職せず、まず、相談をする(休職扱いにする)

事もスムーズに復帰を果たすには大切だと、分かりました。

一概には言えませんが、
 ・障がいを持ったことによる精神的ストレス、家族の中での自分自身
  の存在価値(プライド)を、可能な限り保つ
 ・今までで活躍して来た職場であれば、経験、実績を生かした形で、
  より無理のない働き方を見つけやすい、
からです。(全てに当てはまるわけではありません)

この男性(51歳)は、病気により、視神経萎縮、中心部分が白く光り、
モノが全く読めなくなり、休職。
「仕事には戻れないと思った。」そうですが、その後、可能性を
広げる形で検査をしてくださる医者に出会い

中心部は見えないが、視野の周辺部は拡大読書器を使用すれば、
ぼんやりと文字を読み取れる、と分かったそうです。

彼は、
「健常者を100としたら50かもしれないが、自分は、経済的な
 ものだけでなく、社会参画したいという思いがあった
。」
「復職できるかも、という喜びがあった。」
と話しています。この気持ちは、人として誰もが心に持っている当然
の欲求だったのかもしれません。

(続きは明日へ
【2005/09/13 22:17】 障がい者のキャリア * トラックバック(0) * コメント(2) *
働きたいママやパパのための派遣登録会(託児付)


再就職を希望する子育て中のママ(パパ)は、「XXちゃんのママ(パパ)」
ですが、同時に「ひとりの女性(男性)」です、
そんないつまでも輝き続けたいと願う女性(男性)』をお仕事の面から
応援しようと、株式会社フジスタッフに、ff WOMANという
プロジェクトがあります。

ff WOMANでは、
 ・子育て後の再就職などに悩む女性達の不安解消、社会復帰の支援
 ・1人の「女性(woman)」としていきいきと楽しく仕事と子育てを
  両立できるような、様々な情報提供
をサービス提供しています。(例:ワーキングマザー奮闘記コーナー等)

さて、その中で、今回ご紹介するのは、
「働きたいママやパパのための派遣登録会 託児サービス付」です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「働きたいママやパパのための派遣登録会 託児サービス付(横浜)」

開催日:2005年9月28日(水)

時間 :(1)10:00~ (2)13:30~

場所 :横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ

開催元:株式会社フジスタッフ

持参書類:正確な詳細情報や申込方法は下記URLよりご確認下さい。
       http://www.ff-woman.com/entry/index.html#yokohama

託児サービス:生後6ヶ月~未就学児 (無料)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
再就職を希望するママにとっては、とても助かりますよね。

就職先が決まっていない場合、保育園に預けること自体が難しいため、
それを理由に躊躇していた方にとって、頼もしい登録会!
(他の地域の方も、各地で登録会を開催しているようなので、
 チェックしてみてください。)

このようなちょっとした優しいサポートが、「思っている」、だけを、
「行動に移す」きっかけになり、グググッと動き出す
事があるのでしょう。

今すぐではないけれどもう少し落ち着いたら働きたい、という方も、
足を運んでみてはいかがでしょう。

私自身の方向性とかぶる部分があり、今回、フジスタッフの営業企画の
ご担当者様とお話しさせていただきました。

フジスタッフさんのお話では、
「社長自らの思いが実現した形で生まれたプロジェクト」ということで、
現在、「次世代育成支援対策推進法の事もあり、派遣先企業様も積極的

企業様が増えてきている」そうです、また、「各企業への啓蒙、理解促進」を、
積極的に行なっていらっしゃるようです。
【2005/09/11 11:27】 ママの再就職 * トラックバック(0) * コメント(1) *
横浜・川崎就職面接会(10/12)


独立行政法人雇用能力開発機構神奈川センター主催で、
以下の就職面接会が開かれます。

一般求職者、新卒(平成18年3月卒業予定者、但し中学・
高校卒は除く)及び未就職卒業者
が対象です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「横浜・川崎就職面接会」

場所:パシフィコ横浜
日時:10月12日(水)10:30~
主催:独立行政法人雇用能力開発機構神奈川センター その他

正しい情報、持ち物詳細等は、以下のURLで各自ご確認下さい
http://www.ehdo.go.jp/kanagawa/deai/index.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
当日は書類2点セットも持ち物に含まれるようです。
書類作成につきましては、前回お伝えしました、
職務経歴書の作成について等、ご参考ください。
【2005/09/09 05:46】 キャリア支援~一般 * トラックバック(0) * コメント(0) *
職務経歴書の作成について2


職務経歴書について、以前、常に更新しておくと良いと、
お話しましたが、今日は作成する際に、まず気をつけなければいけない
点を3点、お伝えします。

 ・誤字脱字はないですか?
 ・事実と合っていますか?表現に間違えはないですか?
 ・自分の特長が表れていますか?


とくに、「事実と合っているか、表現に間違えはないか」に
ついては、注意が必要です。

「TプロジェクトでABCシステムを全社に導入する事に成功した」

この方は、ABCシステムを全社に導入する実際の現場作業を
行ったのかしら。

それとも、ABCシステムを全社導入する企画立案を行って、
プロジェクト全体の指揮指導をしたのかしら。

いえいえ、システム導入にあたり、社内に周知し、導入説明会を
行ったのかもしれません。

これら全部を一人で行ったのでしょうか?

本人の専門性や担当してきた職務領域を、相手側に理解してもらう
ために、事実と出来るだけ近い形で、表現するよう心がけて書いてみましょう。

ツヅキ---
【2005/09/08 17:41】 キャリア支援~一般 * トラックバック(0) * コメント(0) *
WOWOW~妊婦の特別休暇等新設


BS放送のWOWOWが、女性社員の継続的な就労をめざし、
妊婦の特別休暇を新設したそうです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

BS放送のWOWOWは出産・育児支援策を拡充。
妊娠中の特別休暇の新設や育児休業期間を延長するなど女性従業員の
継続的な就労を促す。
1990年代前半に新卒採用した女性社員が30代になり、育児支援制度を
充実させて社員が働きやすい環境を整える。
次世代育成支援対策推進法にも対応。

 2月から3月にかけて女性社員全員に聞き取り調査を実施。
「妊娠中の就業が困難だった」との声を受けて、出産前も安心して
働けるよう10日間の特別有給休暇を新設
した。
妊娠中の特別休暇制度は、次世代育成支援対策推進法と同時に施行
された改正育児・介護休業法でも定められていないという。
              (2005年9月5日 日経産業新聞より)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
通勤する女性の方で、妊娠した事のある方の多くが、欲しかった・・と
思われる制度ではないでしょうか。
私は、産休に入る妊娠後期より、悪阻の時期の方(妊娠初期)が
通勤電車が辛かったので、これは良い制度だわ、と思いました。

思い込みの制度でなく、本当に必要とされ、かつ、実際に活用できる
制度が増えていくといいですね。
【2005/09/07 09:14】 こんな記事あんな記事 * トラックバック(0) * コメント(4) *
LOHAS(ロハス)スタイルの波


最近、”ロハス”という言葉が書かれた食品やグッズを
目にすることが増えました。

LOHAS(ロハス)= Lifestyles of Health and Sustainability の
頭文字をとった略語で、
「健康を重視し、持続可能な社会生活を心がける生活スタイル」の意。

米国の社会学者ポール・レイ氏と心理学者シェリー・アンダーソン氏
という方が、1970年代から1990年代への産業構造の変化に伴い、
クリエイティブな企業・仕事が増え、新しい価値観が人々の間に
生まれている現象を受け、このような表現をつけたとか。

さて、色々な転機にぶつかりながら、「これから、どんなふうに
仕事をしていこう」「好きを仕事にするって、例えばどんなこと
だろう、そんな本格的にできるわけでもないし」、と悩んでしまう
ことありますよね、
そんな時、例えば、このロハススタイルは一つのヒントに
なるかもしれません。

なぜなら、ロハスは、一つの価値観だからです。

例えば、Aさんが・・
1.
自分の好きな趣味=山登り ⇒山や川が好き、そこに山があるから
自分の特技=テニス    ⇒自分の攻撃エリアが明白、興奮する、
              特にダブルス組んだ時が楽しい
              太陽の下、汗をかく事が気持ちいい
2.
希望の仕事・・・うーーん、なにがしたいかよく分からないの
        1を参考にやりたい仕事みつければいいかな
・ショップの店員になりたい? 立ち仕事は厳しい
・山登りガイド?       なんか違う、趣味だから楽しいのに
・テニススクールの受付    テニスの話が出来るかもしれないし、
               休み時間にテニスさせてもらえるかな
               これなら今の私でも採用してくれそう

ここで、Aさんは自分の希望職種を固めるかもしれまん、
テニススクールの受付の募集を探す。

でも、ちょっと待ってください。

Aさんが自己分析した事、その理由をもう一度振り返って見ましょう

    「山や川が好き、そこに山があるから」
    「太陽の下、汗をかく事が気持ちいい」
    「自分の攻撃エリアが明白、興奮する」
    「特にダブルス組んだ時が楽しい」

              ↑
              ↓

受付事務員・・狭い空間での座り仕事、笑顔でお客様対応
       訪問目的先へのナビゲーター役、室内業務
       (私のしごと館 JOBJOBWorld 参考)

Aさんにフィットしているか、再度、考える余地がありそうです
Aさんの「好き」をもう少し、活動の場を想定してみてみましょう

    「活動的、フットワークが軽い」
    「他者との双方向の活発的なコミュニケーション」
    「自然と触れ合う、自然を愛する」

対人折衝が含まれ、かつ、自然と触れ合う世界ですね。
好きな山やテニスそのものにこだわらなくても、

・環境にやさしい循環型ライフスタイルを提唱するビジネス
・自然派の製品や食品を取り扱うマーケットでの活躍

といった全体観を大切にし、Aさんは、ロハススタイルを
テーマに仕事分野を見つけることが出来るかもしれません。

このロハス、米国では浸透し、2003年のアメリカにおける
LOHASの市場規模は4,400億ドルに達し、
年間成長率6.3%、アメリカ経済に占める割合は4.2%。
市場調査誌"Nutrition Business Journal"調査結果

日本でも、最近は20代~30代の女性を中心に、注目度がアップ
しています、
自分流の、おしゃれなロハススタイルを楽しむ消費者を取り込む
ビジネスで、無理のない形で、お仕事を自分の生活の一部に
してしまう
、新しいワークバランスがここにまたひとつ。

余談ですが、本日、こんな番組があるそうです!

9月6日 テレビ東京
 ワールドビジネスサテライト(23:00~)
 「新たな消費掘り起こす「ロハス」」
【2005/09/06 15:52】 キャリア支援~一般 * トラックバック(1) * コメント(0) *
赤ちゃん連れブリザーブドフラワー


fall flower


先週、ブリザーブドフラワーサロンに参加して
きました

7月に第1回目をMさんママ宅で開催し、
今回は第2回目。3人の赤ちゃんが揃いました。

シッターはいません、自分達でお世話しながら作るのですが、
今回はスーパー助っ人が。
ママ3人が黙々とお花を挿す隣で、
3人の乳幼児をお世話してくれたMママの旦那様、
ありがとうございます!

今回は、秋がテーマ
先生がかわいいアイテム(ちっちゃい箒やどんぐりもありました)
を用意してくださったので、
独り言ぶつぶついいながら、あーでもないこーでもないと
楽しみながらつくり、完成!!

ブリザーブドフラワーは、その花の美しさを
枯れることなく保つことができるので、
季節ごとにつくっておくと、毎年楽しめていいですよね

***********************

「そのものの美しさを枯れることなく保つ」

 わたしのこころもそうでありたいな

koto

***********************
【2005/09/05 18:12】 カフェで一息【アイスコーヒー】 * トラックバック(0) * コメント(2) *
話を聴いてくれる場所


今日は、娘のお昼寝タイムに、主人にお留守番を頼み、
ヤングジョブスポットよこはまを覗いてきました。

チーフアテンダントの岩永さんとお話したのですが、とても
感じの良い方でした。さすが、実務家。
ヤングジョブスポットよこはまの運営方法やスタッフ、利用者の
利用事例や傾向等について伺ったのですが、
とても分かりやすく、和やかな雰囲気で、説明くださいました。

ここでは、月の半分は、職業人によるセミナーが開催されています。
職業観から就職活動ノウハウまで、色々な角度からセミナーが
開催されます。
「こんなに頻繁によくイベントを企画するなぁ、人来るの?」と
以前から思ってはいたのですが、実際に覗いてみると、
堅苦しくない会場で、出入りもしやすく、次回のセミナーが待ち
どうしくなるような工夫がされていました。

お話の内容や、その施設内の壁に貼られた職場体験報告の
写真やカラフルな報告レポートから、アテンダントの意気込み、
志が感じ取れました。
一方で、就職できた方からのメッセージも貼られており、
ここから、この施設に来た理由/何がよかったか/何が役立ったか、
など読み取ることが出来、クライエントの抱える問題と、実際に
必要度の高い情報やサポートの主だった内容を知る事ができ、
CDAとして勉強になりました。

岩永さんいわく、
最近は、来場者のニーズを汲み取って、セミナーを
開くだけでは、足りないと分かった。
何かリアルな世界で自分が活動し、その成果、反応を
実感できる経験をしたいと思っている人が多い
ので、
そのような実践的なイベントも開催するようにしている、
とのこと。その一貫で今日はフリーマーケットに参加しているとか。

あとは・・
このジョブスポットに足を運べた人は、行動に移し始め
る事が出来た状態、同じような悩みを抱えている方のうちの
一部に過ぎないということかしら。
【2005/09/04 01:31】 キャリア支援~一般 * トラックバック(0) * コメント(0) *
子育てサポートシステム(横浜)


横浜には、地域の中で子どもを預けたり、預かったりすることが
できる、地域ぐるみでの子育て支援システムがあります。
お仕事を始めようか迷っている方や保育園について調べたくて、
役所に足を運ばれた方なら、一度は福祉保健士さんや役所の方から、
このサポートシステムのパンフレットを受け取っているかもしれません。

でも、いざ、という時にいきなり預けられるわけではなく、
事前に入会登録が必要なので、気をつけなくてはいけません。
これは、保育園や任意団体の一時保育などでも、よくある事です。

働く予定の方も、働くかどうか迷っている方も、出来るだけ
直接サービス内容を確認してみましょう。
そして、何かの時には利用してみたいと思うのであれば、
こういった登録をいくつか行なっておき、もしもの時に
備えておく事をおすすめします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【横浜子育てサポートシステム】
援助の対象:生後57日以上で小学校3年生までの児童
費用   :月-金曜日(午前7時~午後7時)
       1時間あたり 800円
      土・日・祝日、年末及び上記の時間外
  1時間あたり 900円
       (別途年会費あり)
前提   :入会説明会への出席(以下URLに説明会スケジュール有)
詳細   :横浜子育てサポートシステム
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
預ける側がいれば、預かる側もいます。
このサポートシステムが他の保育室や保育園と異なるポイントは、
子育ての援助を提供したい人、を市民から募っていることです。

”のびのびと子供と触れ合って、心豊かな保育をしてみたい”
”収入だけでは得られない大事な何かを、子育てサポートにより
 実現したい”
というようなライフスタイルを目指しておられる方が
いらっしゃいましたら、これは大きなチャンスとなります。

援助をしてみたい方も、まずは説明会へ!
子育ても地域活動も家事も、全てがあなたのキャリアです。

【2005/09/03 03:00】 ママの再就職 * トラックバック(0) * コメント(2) *
衆院選 雇用・子育て


衆議院総選挙を前に、各政党のマニフェスト(選挙前の選挙公約)
が出揃いました。
郵政民営化は別として、テレビ等で何となく見ているだけ
では、他のテーマにおける政党別の取り組み姿勢が、
分かりにくいかもしれません。
Yahoo!Japanにマニフェストを分かりやすくまとめて下さって
いるページがありました。

政党マニフェスト比較」(Yahoo!JAPAN内)

ここで、雇用・就労子育て・教育のテーマを覗いてみると、
各党が、現状を認識し、何かやっていかなければ、と、
対策案を打ち出していることが分かります。

私はここで、その詳細について触れる事はしませんが、
本日(9月1日)の日経新聞では、
「熱意欠くニート対策」「既定路線 大きく踏み出せず」
といった見出しが目に入ってきます。
フリータ・ニート問題は重要な衆院選争点でありながらも、
各党の対策案は、今までの延長上のような既定路線が中心
なっており、
各党、若者の能力を最大限に引き出す事への熱意が乏しい、
といった内容が記されています。

今、はやりのようにニート、ニート、と世の中で言われていることに、
私は、少々違和感を感じている面もあるのですが、
それでも、64万人の個が生き生きと動き出すよう、
国から、地方自治体、民間組織、個を巻き込んだ大きな変革が
必要な時と思います。
子育て問題についても、しかりです。

最近保育園見学がイベント化しているkotoは、
このマニフェストと厚生労働省のWebに公開された、
平成17年度政策実績評価書-子育て関連の目標と評価」を読み、
実態は急速に変化し、目標自体が陳腐化していく事もある
のよね (現状に照らせば、結局目標値自体が低くなって
しまっている)、と改めて思うのでした。

【2005/09/01 15:51】 キャリア支援~一般 * トラックバック(1) * コメント(0) *
| ホーム |
NEXT RANDOM LIST Join us!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。