スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 * トラックバック(-) * コメント(-) *
キッザニア


ららぽーと豊洲に子供のための子供達による子供達の国
職業体験テーマパークキッザニア がオープンしてから
20日がたちました。

キッザニアtokyo
http://www.kidzania.jp/top.html

こどもたちがなりたい仕事にチャレンジし、この国で通用
するお金=労働の対価を得て、それを元に買い物をし、
たのしく社会の仕組みを学んでいけるというところ。

いかれた方、いかがでしたか?

日本にこのテーマパークが初上陸したとはじめて知った
時は、すぐにのぞいてみたいとおもったものの、
子供と一緒でないと行けません、そして予約制です。
私はまだ足を踏み入れておりません。

念のため・・子供による子供のための世界ですから、
おとなはどちらにせよ、職業体験できません。
大人はなにをしているのかというと、
”パビリオンの外側から窓越しに見守る”
”休憩室で待つ(インターネット環境もあるらしいです)”、
小さいお子さんの場合なら、一箇所だけ
同室を許可されているウルバノハウスというところで
一緒に遊ぶ。etc となるようです。

具体的なきっかけがなかった子供達がここで、職業
というものを意識するようになれたならよいですね。
楽しいんだ、というところから自然に自分なりの視点を
もてるようになるでしょうか。
厳しさに耐えられない夢追い人になってしまう、と?
私はそうは思いません。

仕事はつらいもの、苦労して苦しんで我慢して稼ぐものだ、
使い捨て社会、サラリーマンは所詮サラリーマン、
などという親の言動やメディア・情報から職業をイメージ
して育ってきた私達30代前後の世代、その反省を
いかすときがきています。

今回のキッザニアを最初のきっかけに、子供がキラキラした
目でその日、キッザニア国から出てきたら、
親はその輝きをそのまま受け止め、大いに夢を語り合い、
その上で、複雑化した社会=現実へ引き寄せるための
道を、少しだけみせてやる、決して否定はしない、
そして親も仕事を楽しむことが出来るよう、子供に
マイナスに伝わっていかぬよう、仕事を見直すことが
求められるのではないでしょうか。


メキシコでは、小学校のカリキュラムに組み込まれている
んですって。

オープンから20日たち、マスコミからの必要以上の
取材や問合せもなくなり、これからやっと落ち着いて
スタッフ内でパーク内の改善や見直し、さらなる質の向上
などに取り掛かれるようになった頃かもしれませんね。
スポンサーサイト
【2006/10/26 00:32】 ママの再就職 * トラックバック(1) * コメント(2) *
ママに朗報♪川崎幸区で託児つきのワークショップがスタート


このブログでもリンクさせていただいているYukako*さんが、
このたび、『虹いろ。』というワークショップ企画の活動を
スタートしたそうです!

子育てや二世帯生活などもあり、自己実現への道を
歩みたいお気持ちと他の自分自身に課せられた役割や期待との
狭間で大いに悩み、そして諦めずにご自身を見つめ、
今もなお見つめ続けながら、着実に活動の場を切り開いていらっしゃいます

私は、Yukako*さんに女性ならではの美しさを感じるのです、
そして少々の人間くささもまた感じられる、作り物ではない
夢への想いが、うーんとつまった心をお持ちなのだと思います。

『虹いろ。』川崎市を活動拠点に、≪気軽に、リーズナブルに、
楽しむ♪≫
をコンセプトとして、託児付きワークショップ
開催の活動を開始。

Yukakoさんいわく、『虹いろ。』は、
”「ママ」という役割から離れた≪私≫としてワークに参加する
ことで、いろんなことを一緒に見つけて、身につけて、
今よりきれいに輝く≪私≫になる場”

だとか。

私がダラダラと書くよりも、実際に、『虹いろ。』のHPを
直接見ていただいて、ご興味のあるワークショップを
探していただいた方がよいと思いますので、
ここではURLをご紹介しておきます。

『虹いろ。』
http://nijiiro-maru.hp.infoseek.co.jp/top.htm

託児付きで、ご自身を磨きたい、お金のことについて考えたい、
趣味をつくりたい、息抜きに何かしたい、という方、
時々覗いてみてはいかがでしょう。

きっと気持ち穏やかになるワークショップと主宰者との出会いが、
次への元気をくれることでしょう。
【2006/05/19 01:30】 ママの再就職 * トラックバック(0) * コメント(1) *
マザーズハローワーク横浜オープン!&保育園


やっと・・マザーズハローワーク横浜が横浜西口にオープンです。
---------------------------------------------------
子育てをしながら早期の就職を希望している方に対して、
希望やニーズ・状況に応じた就職実現プランの策定、
予約による担当者制の職業相談、地方公共団体等との
連携による保育所等の情報提供など、総合的かつ一貫した
就職支援を行います。
---------------------------------------------------
どうも腰が上がらなかった乳児や幼児をお持ちのお母様、
朗報
です。
キッズコーナーやベビーチェアなどがあり、子ども連れでも
安心して相談
ができ、仕事と子育ての両立に関する情報を
得る事が出来るでしょう。(その気になれば!)

マザーズハローワーク横浜
〒220-0004 横浜市西区北幸1-11-15 横浜STビル16階

まだ、見学に行っていませんので、見学にいけたら、
又ご報告しますね。
---------------------------------------------------

私事ですが、今月から、kotoの娘も横浜市の認可保育園
お世話になります。
今までは一時保育制度を利用していたため、保育園に通るか
通らないか、それはそれはドキドキポストを覗きにいきましたし、
うーん、それ以前に、
本当に通常保育で預けるのが望ましいかどうか、
答えは決まっているはずなのですが、
やはり、悶々と考える
事がありました。

kotoのようなお仕事をやっている人は何も躊躇しないのでは
ないか、といわれた事がありますが、そんな事はないですよ。
一人二役がしやすいだけです。

我が家は最初の入園審査通知で全滅だったのです。
その後、保留の繰上げで入園が決まりました。
その間、改めて色々考えましたし、仕事と一時保育の
お迎えの間の15分でああでもないこうでもないと保育室を
見学に行ったり役所を訪ねたり。

認可保育園に入園するかしないか、だけでも、
そこには 色々な人が関わっており、感情やコトバ、
声に出さなくても表情というものを通し、
本人の心が揺さぶられる
事があります。
そうこうして、夫などに相談しようと思いつつうまくその時間を
つくれなかった夜はがっくりですよね・・・

本人が最も大切にしたいことに、人間関係や家族関係が
含まれるのならば、なおさら悩まれることでしょう。

この間、ママがひとりで二役も三役も
こなしながら悩み、モヤモヤし孤独感をつのらす
のは
つらいです。
今までご相談を受けた方や、このブログを通じ、
両立の意味やバランスの大切さを、お伝えしてきましたが、
コトバで言うのは簡単なので・・と分かっていたつもりでも、
やはりまだまだ経験で知るものの方が、ずっと現実的。

とはいえ、人が人生に於いて経験できることなんて
とても限られているのですから、そもそも全く同じ
経験なんて出来ない
のです。
これからもよりおひとりおひとりの感情に寄り添って
いきたいと思います。

公共の支援施設もいいけれど、子連れで
ざっくばらんに今後についての話しをしたい、保育園に
いつか入れてみようかどうしようかな・・どんな仕組みなの?
など、kotoと話してみたいと思われた方が
いらっしゃいましたら、ヒトコトご連絡下さい。折り返し
いたします。
【2006/04/06 02:27】 ママの再就職 * トラックバック(0) * コメント(2) *
| ホーム | 次ページlll
NEXT RANDOM LIST Join us!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。