スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 * トラックバック(-) * コメント(-) *
育休明けは段取り勝負!?


ごぶさたしています。

5月下旬の読売新聞で「育児と仕事の両立を軌道にのせる
にはどうすればよいか」、記事がありました。

・時間の攻略法を考える
・夫を巻き込む
・働きやすくする方法を探る
・中長期の目標を持つ


このあたりは、わかってるわよ、という部分ですが、
それがなかなか出来ないので記事になるのでしょう。

タイムマネジメントに対する意識が常に高い、と思われる共働きママ達
ですが、具体的に紹介されていたアドバイスに、
「上司に積極的に報告。特に朝1番に「これをやる」とやりとりを交わす。」

というものがありました。

これは、自分と相手の優先順位のズレを正すもの。
早いうちにこちらの動きを知ってもらえば、夕方帰宅直前の
ドタバタをなくす事に繋りますもんね。

かくいう私、パソコンをシャットダウンするも、ロッカーに収納する時間が
なくなってしまい、「閉まっておきますよ」と後輩に言われ甘えることがたびたび。
ドタバタ退社は事故の元ですので皆様も気をつけて。
スポンサーサイト
【2008/06/07 04:20】 こんな記事あんな記事 * トラックバック(0) * コメント(4) *
フランスの雇用策行く末


フランスの若者新雇用策「初期雇用契約」(CPE)が10日、
撤回されました。
CPEとは、企業は2年間の試用期間中に26歳未満の従業員を
理由の説明なしで解雇できるというものでした。
国民が積極的に自らの主張を貫き運動を行った事が撤回へと
繋がったわけですが、そもそもCPEを導入する目的は、
雇用を創出することです。
雇用の不安定化と自由化促進による雇用創出、まさに表裏一体
なのですね。解雇しやすくすることで得るものとは、
採用の活発化だったのか・・、それとも・・今となっては
これを実行していたらその後どうなるか、闇の世界ですね。

ところで、フランスの若者の失業率は、何%程度かご存知でしょうか?
現在22%にもなるそうです。
失業問題などが原因で郊外では暴動がおき、荒れている現実。

CPEに代わる若年雇用対策として、「無資格などの理由で
就職できない16~25歳と無期限雇用の契約を結んだ雇い主に
対し、国が支給する補助金を増額する」といった案がでてくる
ようです。
目的は同じでも、だいぶ方針変えたなぁ・・という印象です。
今後、この方法で低所得者の暴動は収まるでしょうか。

ドビルパン首相が宣言してから3ヶ月の出来事でした。

 
【2006/04/12 00:21】 こんな記事あんな記事 * トラックバック(0) * コメント(0) *
CO2駅すぱあと


私は、仕事場に行く際、主に車を使用しています

理由は・・
・保育代相当でやっており、もちろん交通費は出ない。
そう、経験の場と機会を得つつ、やりたいこと、やってみたいことが出来ることで
満たされてしまうこともあるのです・・・貴重な財産


・保育園や買い物など時間的ロスが少ない

・身体的に車の方が便利

でも、チーム・マイナス6%のサイトから、こんな駅すぱあと
みつけて、ちょっとがっくりしました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

経路検索機能に加えて、CO2排出量もわかる「CO2駅すぱあと

出発地と目的地を入力すると、経路・運賃・所要時間・距離に
加えて、公共交通機関使用時のCO2排出量と自家用車使用時の
CO2排出量が比較表示
されます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

自分の最寄り駅から職場までを検索してみましたが、
自家用車を使用すると排出されるCO2は、電車のそれより
おおよそ10倍多いよう
です。
通勤も片道を往復、1ヶ月、1年と積み重ねていけば、だいぶ
総排出量が変わってきますよね。

環境問題と、自分の生活における今日明日の快適さ、利便性、
豊かさ・・・私の心にまだまだゆとりがないのでしょう、
できるところからとはいえ、経済面も含め、そう簡単に、では、
電車で行きます!と決断できませんでした(ごめんなさい!)。

なので、せめて旅行やお出かけの時は、のんびり、旅の
途中を楽しみつつ、時々は電車で行ってみようと思います。

たとえば・・横浜市内のある駅から大阪城まで電車で行くと、
二酸化炭素(CO2)総排出量 9.7kgに対し、自家用車を利用した
場合は、94.1kgの総排出量ですって。
日本中の人が、1年に1回、旅行を電車にするだけで、だいぶ
変わってきそうですね。

「積もれば山となる・・」の例として、生後11ヶ月の女の子
5臓器同時移植成功の話があります。
その子のお父様がJリーグ鹿島アントラーズの熱烈なサポーターで
あった事を受け、Jリーグサポーター達が「あやかちゃんを救う会
を発足させ、募金活動を開始、なんと2週間で目標の1億3000万円
が集まり、先日、無事手術が成功したニュースです。
他のチームのサポーターもそれに賛同し、Jリーグを応援する仲間
が仲間を呼び
、現在までに2億円が集まっているそうです。


先日、ある企業の商品と私達の取り組もうとする就労支援とが、
循環型社会」というキーワードでつながることに気づき、
自己満足に浸りつつ、その仕組みを提案中だったのですが、
そんなこと言っているなら、目の前のできることもやりましょーよ」、と、
CO2駅すぱあと君からガツンと言われてしまったようです。


人と人が思いを寄せ繋がる時、その力は良くも悪くも強く、
大きな変化や結果を導く。
【2005/12/20 23:26】 こんな記事あんな記事 * トラックバック(2) * コメント(2) *
| ホーム | 次ページlll
NEXT RANDOM LIST Join us!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。